No.015 伊藤いぶきさん&怜くん(1歳9ヶ月)

15伊藤いぶきさん

 

 「最初は『絶対布!』というつもりでもなかったんです。でも退院して、初めて布おむつにしたら目がキラキラってして。それまでは普通の感じだったのに目が覚めました、みたいに。意思を持っている感じがしました」と目を輝かせて当時のことを懐かしそうに話すいぶきさん。目がキラキラしたのは現在小学6年生の長男くん。そのときの様子にすっかり魅了されて、紙おむつを使うという選択肢はなくなったそうです。
 おむつなし育児は次男の怜くんから。洗うのが嫌でおまるは使わず、トイレに掲げたり、一緒に座ったりしていたそうです。おむつなしを始めて、うんちの後おしりを拭く手間がなくなってラクになったと言います。最初は順調にいっていた怜くんのおむつなし育児。1歳3ヶ月くらいからイヤイヤ期が始まって、現在もイヤイヤ期続行中だそうですが、おしっこをしたらお股を見るので、すぐにトレパンを替えてあげられるそうです。
 「一般的におむつの選択肢というと『ムーニーかパンパース』という選択しかない。本来は『紙か布かおむつなし』という選択のはずだと思うんです。それはナプキンにも言えることで本来は『布かケミカルか経血コントロール』になると思うんです」と話すいぶきさん。
 インタビューの後は、インタビュアーが最近興味を惹かれている経血コントロールの話で盛り上がりました。(※インタビューには収録してありません。すいません)驚いたのは、よくCMで「夜も安心」などと言っているけれど、夜寝ている間は経血が出ないのが本来の姿なのだそうです。自律神経が自然なカタチで働いていない・・・それを聞いてショックを受けたインタビュアーでしたが「大丈夫、落ち込む必要はないと思います。自分の状態がわかったのならこれからよくしていけばいいんだから」という言葉でそうだなぁと納得して前向きになったのでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Q.自己紹介をお願いします。

 

 伊藤いぶきです。この子は怜で1歳9ヶ月です。布おむつは現在小学6年生のお兄ちゃんのときから使っています。

 

 

Q.布おむつを使おうと思ったきっかけを教えて下さい。

 

 自分が布で育って、覚えているというか、写真でおむつが干してある風景を見ていたし、母から「あなたも弟のおむつを干すのを手伝ってくれていたのよ」なんて話を聞いていたので、私はおむつというと布おむつのイメージがありました。

 それでとりあえずやってみようとさらしを1反買って輪おむつを縫いました。絶対に布おむつじゃなきゃ!というつもりでもなかったので、紙おむつと併用しようと考えていました。

 上の子が生まれる2週間前に図書館で谷口祐司さんの本を借りて読んだことも影響を受けています。谷口さんはベビーネンネのおむつの開発者です。半年間自分でおむつをはいて、おむつを開発したそうです。図書館に谷口さんの本が8冊あったのを借りてきて、おもしろかったので全部読んじゃいました。「赤ちゃんは宇宙から来た〜」など全てが理解できる内容ではありませんでしたが・・・。

 ベビーネンネのひょうたん型のおむつはM字の赤ちゃんの足の動きを妨げないように作られているそうです。その本を読んでよさそうだと思ったので、上の子が生まれる前にベビーネンネのおむつとさらしおむつ両方を用意しました。

 

 

Q.用意したものを教えて下さい。

 

 ベビーネンネの成形おむつ40〜50セット(80〜100枚)とネット30枚くらいです。成形おむつは2重構造になっており、乾きにくいので多めに必要でした。カバーはわりとすぐ乾くので各サイズ5枚ずつくらい揃えました。初期投資で10万円くらいは使っています。

 怜はお兄ちゃんのお下がりを使っているので費用はかかっていません。ただ、お下がりでマジックテープがバカになってしまっており、下がってくるのでボディのお股のスナップで留めるなどしていました。1歳3ヶ月くらいからはトレパンを使っています。ズボンの生地が薄くて漏れが心配なときはハンカチタオルを挟んでいます。

15ibukiDSC_0088

お出かけグッズ。替えのズボンとトレパン

 

 

Q.布おむつはいつから使いましたか。

 

 病院は紙おむつだったので、退院してから使いました。

 退院してきて、最初にベビーネンネの成形おむつにしたら目がキラキラってして。それまでは普通の感じだったのに目が覚めました、みたいに。意思を持っている感じがしました。

 すっかりその時の息子の様子に魅了されて、紙おむつという選択肢はなくなり布一択でした。さらしおむつも結局使いませんでした。

 

 

Q.ベビーネンネのおむつの特徴はなんですか。

 

 赤ちゃんのM字の足に合ったひょうたん型というのと、水分でかぶれないよう成形おむつにネットを重ねて使うことです。

 布おむつでかぶれてしまうのは、おしりに触れる水分のせいなので、ネットを重ねることでおしっこをしてもさらさらでおむつかぶれしません

 

 

Q.おむつなし育児についてはいかがですか。

 

 『月齢の小さいうちからトイレに連れて行く』というイメージはなかったので、お兄ちゃんの時にはしていませんでした。ただ、布おむつというだけで普通におむつにおしっこやうんちをしたら替えるという感覚でした。

 この子はもう少し早くトイレに連れて行ってもいいかなぁと思って5ヶ月くらいから連れて行っていました。

 紙おむつを使っている友だちが子どもを早くからトイレに連れて行っていて、わりと早くにおむつが取れたと聞いたからです。上の子は3ヶ月、下の子は7ヶ月くらいからトイレに連れていったそうです。

 その子は親から「早くからトイレに連れて行くとおむつが早くとれる」と言われたのでそうしていたそうです。

 

 

Q.5ヶ月からのトイレ、どのようにしていましたか。

 

 最初は、両足を持ってトイレにささげたり、自分と一緒に同じ向きで便器に座らせていました。2人で座るのもすぐに狭くなって、抱えるのも重くなってきました。その頃には一人で座れるようになっていました。

 洗うのが嫌なので我が家ではおまるは使っていません。トイレも最初は補助便座を使っていたけど使う期間はそんなに長くはなかったです。補助便座はなくても親が支えていれば平気ですし、今思えば補助便座もいらなかったかも知れません。

 

 

Q.怜くんのおむつなしに育児について教えて下さい。

 

 5ヶ月からトイレに連れて行き始めました。最初のうちは順調で、7ヶ月くらいのときは1日4回くらいトイレで出るようになって、うんちもトイレで出るようにになりました。うんちだと、おむつにするより座ったほうがきばりやすく出やすいようです。

 おむつなしをして何が変わったかというとうんちをした後の手間。おしりの穴だけふけばいい、という感じでとてもラクチンです。

 夏くらいなるとおしっこの回数が減って、1日中おむつが汚れないときもありました。もしかしてこのままおむつ外れるかなと思ったのですが、1歳3ヶ月くらいからイヤイヤ期が始まりトイレに座ってくれなくなってしまいました。今もイヤイヤ期が続いています。

 ちなみにちょっと前までは便秘気味だったので「ん」てなってからトイレに連れて行っても間に合ったのですが、最近便秘が治って間に合わなくなりまして。

 イヤイヤ期が始まっても、朝一のおしっこは出ていたのですが、寒くなってからはちょっと嫌がるようになってしまいました。

 でもおしっこをすると股を見るようなってきました。自分で出ているのがわかるようになってきたようです。「あ、おしっこをしたな」というのがわかるので、まだおしっこが温かい状態でトレパンを替えることができます。不思議とすぐに替えると臭くないんです。

15ibukiDSC_0045

 

 

Q.布おむつの洗い方について教えて下さい。

 

 最初はバケツに水と洗剤を入れて、そのままポイポイ入れていました。そうすると結構におったので、今は振り洗いをしてそのまま洗濯機に入れています。離乳食も終わってきてうんちもほとんどつきませんし、今はトレパンですので、気持ち的にパンツなら他の洗濯物と一緒に洗えるので、振り洗いしてそのまま洗濯機に入れています。

 

 

Q.お兄ちゃんのおむつはずれについて教えて下さい。

 

 お兄ちゃんのときは、1歳半くらいからぼちぼち初めていました。まわりのみんなもそんなに早くないし、早くはずさなきゃとは思っていなくて、のんきにしていました

 託児所に行っていたので、おやつの前とかお昼ごはんの前とか、お昼寝の後とか、みんな一斉にトイレに行くんですよね。それでだんだんできるようになっていって、2歳直前くらいからうんちはトイレでするようになりました。お兄ちゃんはトレパンはほとんど使っていないません。おむつのまま外れたという感じです。

 おしっこは2歳7ヶ月くらいの旅行中に、突然できるようになりました。それまでは1日1回くらい成功していたのが1日1回の失敗くらいになりました。急に教えてくれるようになったんです。富士山はパワースポットだからかなぁ、なんて思っています。

 お兄ちゃんは生まれた時から不思議というか神秘的なところのある子どもでした。出産予定日1ヶ月前くらいにお腹が張って生まれてしまいそうになったとき「まだだよ〜」って言って。家族が仕事納めの日の夕方、「もう出てきていいよ」って言ったらその次の日の朝、生まれてくれたんです。

 ベビーネンネを使った時に目がキラキラとなったのももそうですし。

 ちなみに上の子と下の子とは全然違うタイプです。上の子は私を助けるために生まれてきたんだって思います。逆に下の子は私に忍耐力をつけるために生まれてきたんだって思っています(笑)

 

 

Q.布おむつ、おむつなし育児をやっていて良かったこと、大変なことはなんですか。

 

 おむつよりトイレでおしっこをした方が一度にたくさん出るので、お出かけ中、とくに買い物などで抱っこしている間はまず出ません。買い物中におむつが汚れないので結果的に荷物が減ったことがよかったです。

 大変と言うか、旅行のときの布おむつの洗濯が気になります。おしっこやうんちのおむつをコインランドリーで洗うのが気が引けるのでよくゆすいで洗っていました。

 また新生児の頃はおむつの枚数がたくさん必要で1日20セットくらい使っており、梅雨の時などは全然乾かないのが大変でした。

 2重構造になっているので、広げて干してもなかなか乾かないんです。引っ越しをしてからは、乾きにくい日は乾燥機を使使うようになったのでその悩みはなくなりました。

 

 

Q.布おむつやおむつなし育児について思うことをどうぞ。

 

 今はテレビで紙おむつのCMがたくさん流れていて、おむつの選択肢は『ムーニーかパンパース』という選択しかない。本来は『紙か布かおむつなし』という選択のはずだと思うんです。

 それはナプキンにも言えることで本来は『布かケミカルか経血コントロール』になると思うんです。でも紙おむつやケミカルナプキンを自然と選択してしまっている。なぜならそれしか知らなかったから。CMやテレビに踊らされて選択肢が狭められてしまっているのは残念なことだと思います。

 布おむつというわけではないですが、本当にいいものはCMをしない、広告費にかける分はないはずだと思っています。

 布おむつはお肌にいいからというよりも、上の子の目のキラッという輝きがあったから。それに自分だったら紙おむつは嫌だと思ったから続けていました。エステなど行くと紙パンツを履かせられるじゃないですか、それにケミカルのナプキンを敷いているような状態だなと思うので。

 

 

Q.布おむつ、おむつなし育児に興味がある人にむけて一言お願いします。

 

 まず寝起きにトイレに連れて行くのがいいと思います。出やすいし、ただでできるし。おしっこをしているときって、とても気持ちよさそうで、こっちまで幸せな気持ちになりますよ。ぜひぜひ、やってみてください。

15ibukiDSC_0032

Q.ありがとうございました!

 

取材日時2012年12月

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です