No.017 ひでみさん&あかりちゃん(10ヶ月)

17ひでみさん

 

 まんまるおめめが印象的なあかりちゃん。パパそっくりで、パパはあかりちゃんにメロメロだそうです。「母が縫ってくれるというので。それに布だと赤ちゃんのおしりにもよさそうだし、と軽いノリで始めた布おむつですが、最近は趣旨が変わってきてとにかくかわいいからやってます。ほとんど布おむつは趣味に近い感じで」とニコニコ話すひでみさん。
 現在10ヶ月、ハイハイまっさかりのあかりちゃん。布おむつをつけたまんまるおしりにママのひでみさんもメロメロだそうです。そうそう、布おむつをつけた赤ちゃんのおしりって、ひとまわり大きく、まあるくなってほんとうにかわいいんですよね。

 産後里帰りをして実家にいたときは布おむつを使っていました。家に戻ってからは、引っ越しの予定もあり、しばらくは紙おむつを使っていたそうです。
 引っ越しが落ち着いてから参加した布おむつとおむつなし育児の『オフ会』は人生で初めて参加したオフ会でした。先輩ママから体験談を聞いたり、アドバイスをもらったりして楽しい布おむつ&おむつなし育児をおくっているということです。

 悩んだのはおむつの下洗いでの手荒れ。そんなときに見つけ、手荒れの悩みを解消したひでみさんイチオシのアイテムとは。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Q.自己紹介をお願いします。

 

 ひでみです。この子はあかりと言います。現在10ヶ月で最近ハイハイができるようになって、家中を動き回っています。肩で息をしながらすごい勢いでハイハイしています。

 

 

Q.布おむつを使おうと思ったきっかけは何ですか。

 

 母からすすめられたのがきっかけです。私は3人姉弟なのですが、みんな布おむつを使っていて1歳台でおむつがとれたそうです。そんな母に「縫ってあげるから!」と熱烈にプッシュされたので、じゃあそうしようかな、って。

 また、私自身がアトピーがあるので、子どもも肌が弱いかもしれない、それなら布の方がお肌にいいかなと思って。それに布おむつって『お母さん』している感じがいいなぁって。そんな理由で布おむつを選びました。

 そうして、母のすすめにより始めた布おむつですが、母におむつに関するいろいろなことを質問してもわからなかったりします。実は母自身は産後すぐに働いており、ほとんどおばあちゃんが育てていたのだそうです。「おばあちゃんに聞かないとわからないわ。でもおばあちゃんはもう天国だしねぇ」って。だから、私が布おむつの話をすると「へぇ〜そうなの」って興味深そうに聞いてくれるんです。

17hidemiDSC_0085

 

Q.いつから布おむつを使用していますか。

 

 生まれてすぐ布おむつを使いました。産後、里帰りをして実家では母が洗ってくれていました。

 実家から戻ってしばらくは、引っ越しを控えていたこともあり、紙おむつをメインで使っていました。

 

 

Q.用意した布おむつについて教えて下さい。

 

 いただいたお古のおむつがたくさんあったので、産前に買ったのは外ベルトのカバー3枚と内ベルトのカバー1枚、母が縫ってくれた輪おむつ20枚程です。新生児用のカバーはほとんど使うことなくサイズアウトしてしまいました。

 手元にいただいたおむつカバーが数点あったのですが、おさがりということもあり、いまいちテンションが上がらず・・・

 そんなとき、ネットで『布おむつ本舗』さんのワンサイズのおむつカバーを見つけ、先行投資のつもりで購入しました。ワンサイズだから経済的だし、自分で買ったのだから「やらなきゃ!」となると思って。かわいいのでテンションもあがりました。ワンサイズのカバーは全部で7枚くらい購入しました。

 かわいいカバーも手に入れ、生活も落ち着いてきたので、3ヶ月くらから布おむつを再開しました。

 

 

Q.現在使っているおむつについて教えて下さい。

 

 おむつカバーに輪おむつをはさんでいます。最近はおしっこの量が増えてきたので輪おむつと吸収体、または輪おむつを2枚重ねて使うことが多いです。冬は頻尿気味です。おむつ替えのときは吸収体が湿っていなければ一番上の輪おむつだけ替えます。カバーは湿ってきたら替えるので1日に2〜3枚使います。

 最近はおむつ替えの最中に脱走してしまうのでおむつが替えづらくなってきました。なのでサイドスナップ式のパンツタイプのカバーが欲しいなーと思っているところです。

 紙おむつも併用しています。デパートなどで布おむつを替えていて驚かれるのがちょっと嫌なので、お出かけは紙おむつを使うことが多いです。近所へのちょっとしたおでかけは布おむつです。

17hidemiDSC_0090

「おしっこの量が増えてきたので吸収体と輪おむつを重ねて使っています」

 

 

Q.おむつなし育児についてはいかがですか。

 

 昨日は久しぶりにうんちをキャッチできました。おならをしたから出るかなと思って、おまるに乗せたらうんちが出ました。久しぶりにできたので、たくさん褒めました。

 なかなか見る機会がないのですが、主人もおまるでうんちやおしっこをしたのを見ると「すごいやん!あかりすごいね、かしこいね!」って。協力的になって布おむつをたたんでくれたりします。ちなみにあかりはお父さんにそっくりで、主人はメロメロです(笑)

 最近、たまーにですが、うんちをしたらこっち見る、おしりを振るなどといった、事後報告ぽいものが出てきました。

 

 

Q.おむつなし育児はいつからやっているのですか。

 

『おむつなし育児』という言葉はなんとなく聞いたことありました。内容を知ったのは、5ヶ月頃。図書館で借りた本がきっかけです。

 それを読んで短時間おむつをはずしてみたり、おむつをあけておしっこをさせてみたり、トイレにも連れて行ってみたりしましたが、おむつをはずしても何も起こらないし、トイレではギャン泣きしてしまい、イマイチしっくりきませんでした

 布おむつが少し軌道に乗り始めた6ヶ月頃、mixiおむつなし育児の京都版のコミュニティのオフ会を知りました。ネットは見る専門で、オフ会って気になるけどどうなんかなあと思っていました。

 興味はあるけどあかりも小さいしな・・・と躊躇していましたが、オフ会に『やってみよう!おむつなし育児』の著者でもある西山さんが来られると聞て、思い切って参加しました。

 

 

Q.思い切って参加したオフ会、いかがでしたか。

 

 布おむつやおむつなし育児の楽しさや悩みを共有できたり、経験者の方から具体的なアドバイスがもらえたのが良かったです。たとえば「お外でのトイレはどうしてる?」と聞いたら「トイレの蓋を閉めてそこで服を脱がせて、子ども用いすに服を置いてさせている」など具体的なアドバイスを聞けるのがよかったです。

 それに、布おむつやおむつなしについてすごく熱心で楽しんでやっている人でも「布が大変なときは紙使ってるよー」とか「おまるにのせるのもめんどくさいときはやってないよ」と言うのを聞けて気持ちが楽になりました。

 なにより、あかりがそこで初めておまるにうんちしてくれたことが嬉しくて。思い切ってホーローおまるを買って、西山さんが主催するおむつなし育児の会にも参加して、おむつなし育児も色々と楽しむようになりました。

 

17hidemiDSC_0052

 

Q.おむつなし育児の会にも参加してるんですね。

 

 はい。おむつなし育児に関しては「すっぽんぽんでも、ふんどしでもいいのよ」という話を聞いて、わりとフリーでおおらかな感じで自分の好きなようにやればいいんだな〜、と思いました。

 また、おむつはずれについても様々な考え方があると思うんですが「4歳までおむつしている子、全然いるいる!」と西山さんが言うのを聞いて、おむつはずれの時期がどうというより楽しければいいや、と気楽に考えられるようになりました

 

 

Q.オフ会の良さとは何でしょうか。

 

 オフ会に参加するようになって、月齢が上のお子さんを持つお母さんにたくさん会えるので、次どうすればいいかという知識が増えて、うまくいかないことがあっても焦らなくなりました

 また、持っているおむつカバーなどを持ち寄っていろいろ見れるのがいいです。ネットで見て気になっていたカバーがあれば実物を見れ、使い勝手を聞くこともできます。この前は購入を迷っているカバーを借りて使わせてもらいました。

 

 

Q.オフ会の参加者はどのくらいの子が多いのですか。

 

 1歳台の子が多く、あかりは小さい方です。お兄ちゃんお姉ちゃんを見て、一緒に遊んで、刺激になってよさそうです。よい刺激をもらうのか、オフ会から帰ったらおまるでうんち成功することが多いです。

 他の場所ではトイレに連れて行くと驚かれるのですが、オフ会ではみんな自然な感じでトイレに連れて行っています。それに他の子のおしっこシーンを見る貴重な機会もあったりして。

 

 

Q.布おむつでよかったことはなんですか。

 

 お洋服感覚でカバーが選べる、可愛いということ。洗濯をしたり乾いたおむつをたたんでいたりするときに、手をかけてこの子を見ているという気持ちになります。私の自己満足ですけどねー。

 それと、布おむつのおしりってまんまるで、いまちょうどハイハイをしていて、まあるいおしりをふりふりしながらハイハイするのがたまらなくがかわいいんです。かわいいしか言ってませんねわたし(笑)

 軽いノリで始めたものの、最近は趣旨が変わってきています。主人には「もう、それ趣味でやってるんじゃない?」って笑われます。本当にほとんど趣味に近い感じになっています。最近の目標はおむつカバーを買い足さないことです。

 本人が、布おむつで気持よくて、おしりが荒れなくて、あわよくばおむつが早く取れたらいいなとと思っています。布だと使った枚数を数えなくていいので気分的に楽です。ミルクも足しているので、買い物の荷物がすごいんです。それに紙おむつが加わるととても大変です。

 

 

Q.めげそうになったこと、悩んだことなどはありますか。

 

 おむつの下洗いで手荒れしてしまうのに悩んでいました。どうしようかと思っていたのですが『ウタマロ石けん』を使ったら手荒れがなくなりました。それと良かったのが、シリコンの洗濯板を買ったことです。水をつけて石鹸をつけて、それでゴシゴシすると手だけでゴシゴシするよりも早く汚れが取れるので洗う時間が短縮できます。そしてその後、しゃぼんだまの漂白剤を入れたバケツにつけ置きをしています。そこにアロマオイルをたらして消臭しています。その後、お風呂の残り湯を使って普通に洗濯しています。

 そうして環境とやり方が整ったので、洗濯がグンとやりやすくなりました。洗濯板は離乳食をこぼしたお洋服もキレイに洗えるし、おすすめです。洗濯機の横にちょこんと掛けておけるサイズなんです。

 

 

Q.布おむつやおむつなし育児に興味のある人に向けて一言お願いします。

 

 ほんと布おむつって意外とラクですよ。重いゴミを捨てに行ったり、重い紙おむつ持ったりすることもない。かわいいカバーを買うとテンション上がります(笑)

 

 

Q.最後に一言お願いします。

 

 布おむつはかわいし、おむつなしは適当でも楽しいです。赤ちゃんの排泄、からだとじっくり向きあえる今の期間をできるだけ大切にしていきたいです。

17hidemiDSC_0033

Q.ありがとうございました!!

 

取材日時2013年2月

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です