No.020徳満栄美(えみ)さん&小凪(こなぎ)ちゃん(1歳4ヶ月)

20徳光栄美さん

 

 2児の母親の栄美さん。現在6歳の長男漣(れん)くんが生まれたときから布おむつを使っており、1歳4ヶ月の小凪(こなぎ)ちゃんも布おむつ生活まっただ中です。
 漣くん出産後、2度の流産があったけれど、無事に小凪ちゃんが生まれてくれて、しまってあったあったおしめも、もう一度日の目を見ることができましたと、嬉しそうに話してくださいました。今は、漣くんのときよりも、お店にもかわいいカバーがいっぱい売っているんだそうです。
 布おむつを選んだのは高校生のときに、家庭科の先生から聞いた話がきっかけだったと言います。

 「布おむつは、買いにいかなくていい、捨てに出ないでいい、溜めておかなくていい、気持ちのよい育児法だなと感じています」と栄美さん。気持ちのよい育児法、ってとてもよい表現で、布おむつを的確にあらわしているなぁ、なんて思いました。 
 漣くんが2歳10ヶ月の頃。もうトイレでできるのに、遊びに夢中になるとトイレに行かずに、その場でしてしまう。そのようなことが度々あったけれど、次の日からはおもらしがピタリとなくなった、その言葉とは。

※インタビュー中では、布おむつを徳満さんの言い方をそのままに『布おしめ』と表記しています。『おしめ』ってなんだか暖かくほっこりとする言葉だなぁって感じています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Q.自己紹介をおねがいします。

 

 徳満栄美です。6歳の男の子と、今日で1歳4ヶ月になる女の子がいます。お兄ちゃんは漣(れん)、妹は小凪と言います。布おしめは長男が生まれた時から使っていて、娘も布おしめで育てています。お兄ちゃんの幼稚園の送り迎えのときや行事で長時間替えてあげられないような時は紙おむつを使うこともありますが、極力布おしめを使うようにしていて、家にいる時は寝るときも布おしめを使っています。

 

 

Q.布おむつを使おうと思ったきっかけを教えてください。

 

 私が小さいとき、家には輪型のおしめがありました。3人兄弟みんなおむつがはずれた後もそれをボロ布として使っていました。だから、おむつというと布おしめ、というイメージがあったんです。

 紙おむつは、化学物質を赤ちゃんの一番敏感な部分に当てるというのが気になっていました。また、生理用ナプキンの不快感を思うと、赤ちゃんも紙より布の方が気持ちいいだろうなと思って布おしめを使おうと思いました。

 

 

Q.『化学物質を一番敏感な部分に当てるのが気になる』ということについて教えてください。

 

 高校の時の家庭科の先生のお話がずっと心に残っていたんです。20年も前のこと、当時は経皮毒がどうこうと発言する人はほとんどいませんでした。ただ、その先生は、経皮毒というものがある、そういうことを知っといたほうがいいよと教えてくれたんです。それがずっと頭に残っており、今も日用品や洗剤などは気にして選んでいます。

 手のひらと粘膜からの吸収率は50倍ほど違うという説。昔よりも男性が原因の不妊が増えているそうで、もしかしたら紙おむつがそれの要因になっているかもしれないという話も耳にしました。100%信じているわけではないけど、悪いかもしれないものはなるべく使いたくない、1人目が男の子だったので余計に気を使っていました。

 また紙おむつでは、1人の子がおむつはずれまでに2トンの湿ったゴミを出すそうです。

   テレビや雑誌などでそういう問題が取り上げられないのって、紙おむつの会社が大きなスポンサーだからなのかなって。はっきり問題点を指摘してしまうと、テレビも雑誌もスポンサーがつかなくなってしまうので。

 布おしめを使った方が安くつくのは実感しています。それでも雑誌などで「費用的には紙おむつを使うのとあまり変わらない」と書かれていたり、言われることもしばしば。ちなみにうちは電気代も水道代もそれほぼかわりませんでした。布おしめだと2人目、3人目にも使えるので経済的だと思います。

 紙おむつは便利だし助かっている部分もあるので、すべてを否定することはできないのですが、なるべくなら布おしめを使いたいと思っています。

20tokutokumitu1

 

 

Q.もうひとつ『赤ちゃんも紙より布の方が気持ちいいだろう』ということについて詳しく教えてください。

 

 私自身、生理時のナプキンを不快だと感じていたからです。ナプキン、大人は自分が気持ち悪いって思ったらすぐ替えますよね。でも赤ちゃんは「お母さん3時間つけっぱなしだよ、替えてよ」って言えません。

 知人の子で、夜のおむつは5歳までしている子がいました。昼は布おしめをメインで夜は紙おむつを使っていたそうなのですが、3歳くらになって言葉が話せるようになった頃「あれは気持ちが悪いからいやだ。かさかさしていないやつにしてほしい」と、紙おむつより布おしめを使って欲しいと言ったそうです。

 自分自身も、布おしめのことを調べている時に布ナプキンのことを知りました。それでいつ生理が再開してもいいようにと布ナプキンを8ヶ月の時に購入しました。9ヶ月から生理が再開したので、それからは布ナプキンを使っています。

 

Q.布ナプキンにしていかがでしたか。

 

 布ナプキンの使用感は、温かくてふんわり柔らかくて守られている感じがしました。漏れを心配される声が多かったですが、漏れたことはほとんどどなく、どうしても長時間換えられそうにない時は下にケミカルナプキンを敷いたり、ケミカルナプキンを使用したりしています。紙おむつと同じです。

 こちらも購入頻度が減ったので経済的だと思います。唯一の難点は、バケツに浸け置きしていると、家族に見つかることくらいです。

 また、生理痛が軽くなった気がします。それとナプキンを外した時の嫌な匂いがしなくなりました。ただ鉄のにおい、血のにおいを感じるだけです。

 

 

Q.使っていた布おむつについて教えてください。

 

 出産準備でおしめを買いに行った時に成形おむつを見つけて、これならやりやすいかもと夫に提案して、最初は成形おむつをそろえてはじめました。

 夫は最初、紙おむつがあるんだから紙でいいんじゃないと言っていましたが、だんだんと自らも子どものおしめを替えてくれるようになりました。

長男が小さい頃、時々おまかせして趣味のツーリングに行かせてもらっていたのですが、家に帰ってくるとお風呂に使用済みのおしめがキレイにたたんで置いてありました(笑)

 秋になり形成おむつが乾きにくくなってくると、輪おむつを購入しました。月齢が上がってきて1回のおしっこの量が増えてきたら、輪おむつの間に成形おむつ挟んで使うなどしていました。

 

 

Q.布おむつのいいところ、大変なところはなんですか。

 

 買いにいかなくていい、捨てに出ないでいい、ためておかなくていいことです。気持ちのいい育児だなと感じています。車を運転しない私が紙おむつを買いに行くのは子連れでは大変だと、お出かけ用の紙おむつを買いに行った時に気付きました

 それにカバーがすごくかわいいんです。今は長男のときよりもかわいいカバーがたくさん増えてきていて・・・。今は西松屋で購入した2枚で1000円くらいの内ベルトのものを使っています。

 雨の日には干すところに困ることもありますが、お天気の良い日、洗い終わったおしめをパラソル物干しにぐるっと干した時なんかは清々しいほどです。

 大変というのではないのですが、外出中に布おしめを使っていると稀有な目で見られます。長男を職場の保育ルームに預けるときに、布おしめでも受け入れてもらえるか不安だったのですが、一番年配の保育士さんが「大歓迎よ」と言ってくださって、すごくほっとして気が楽になりました。自分の主義に反するものを使いたくなく、できれば布おしめを使って欲しいと思っていたので。

 

 

Q.めげそうになったこと、やめたいと思ったことはありますか。

 

 やめようと思ったことはないです。布でよかったと思っていたし、夫が途中から理解して布おしめを使っていることを感謝すらしてくれたので。

 でも、実家に行った時、脱水機が壊れていて10枚ほどのおむつを手で絞ったことがあって・・・それを弟のお嫁さんが手伝ってくれたときは申し訳ないなと思いました。

 

 

Q.お兄ちゃんのおむつはずしについて教えてください。

 

 基本的には職場の保育士さんがしてくれていた感じです。託児所では、大きい子と一緒にトイレに連れて行っているそうで、例えばお昼寝からさめた後などに連れて行ってるというのを聞いて、それを参考に家でもトイレに連れて行くようにしていました。そうするうちにだんだんトイレでできるようになってきました。

 2歳10ヶ月くらいの頃です。もうトイレでできるはずなのに、遊びに夢中になりすぎてトイレにいくのがめんどくさいようで、そのまましちゃう。濡れたらお母さんが替えてくれると思っているから。見ていたらそれが分かるので、何回もされるのであまりにも腹がたって「お友だちにおもちゃ全部あげちゃうよ」って叱りました。相当キツイ口調で叱ったのを覚えています。飲んでいたコーラのペットボトルをカーペットの床に投げつけて、カーペットが一面泡々になっちゃいましたから。叱ったあと、泣きながら自分で拭き掃除する羽目になってしまったんですけどね。  漣はよっぽどショックだったのでしょうか。その後、二度ともらさなくなりました。

 本やサイトには「子どものペースで行い、絶対に叱らないこと」と書いてありますが、子どもによっては叱られることがきっかけになる子もいるだろうし、無理に叱ることを我慢してストレスになるよりは適度に叱るのはいいと思うんです。その頃はとにかく「叱ったらだめ」と思い込んでいたように思います。

 そんな長男も、今では妹のおしめを気にしてくれて「あれーうんちしてる〜」とか「オシッコしてる〜」とか、一番早くに気がついて教えてくれます。生まれる前はおしめ替えたげるねーってはりきっていましたが、それは難しかったみたいです。でも、お風呂に入ると、たらいに入れて頭や身体を洗ってくれる、頼もしいお兄ちゃんです。

 

20tokuimage

 

 

Q.思い出に残るエピソードなどあれば教えてください。

 

 予防接種に布おしめのまま行ったとき、体重を測るのに布おしめでは不都合だということで紙おむつを渡されました。それまで紙おむつを使ったことがなく、テープのやり方が全く分からなくて、看護婦さんに笑われました。長男のときの産院は布おしめだったので、紙おむつを使ったのはそれが初めてだったんです。

 もう少し大きくなってからのことです。パンツタイプの紙おむつ。穿かせ方が今ひとつわからなくて。男の子だと自分についていないものがついていますので(笑)あるとき、お出かけ中に夫のシャツが濡れてきたんです。あれっ?てよく見たら、どうやら長男のおしっこのようで。おむつをしているのになんで?って思って確認したら、ギャザーの上からおちんちんがはみだしてちゃっていたんです。

 娘は最近、私がトイレに行くと自分もついてきて、補助便座をのせてとアピールしてそこに座ります。けど、出ません。その後、お股をを拭くまねをします。座った時に出ればラッキーなのですが、まだトイレとおしっこやうんちをする場所だということが結びついていないようです。ですが、トイレ自体を怖がってはいないので今後のトイレトレーニングは楽なんじゃないかなって思っています。

 ちなみに小凪は夜中は全然おしっこをしないんです。長男のときは、起こさないようにそおっとおしめを替えていました。たまに気づかない時、おしっこでびっしょりでも朝までぐっすりでした。おむつ事情は子どもによっても全然違うなぁと感じています。

 

 

Q.おすすめグッヅなどありましたら教えてください。

 

 要らなくなったTシャツをカットしておしり拭きとして使っています。使った後の紙おむつはゴミの日まで袋に詰めてしまっておかないといけません。使ったおしりふきも使い捨てのものなら同じです。カットしたTシャツは布おしめと同じで汚れたら洗えばよく、気になる臭いも出ないのでおすすめです。

 輪おむつの応用で、うんちのおむつ替えの時に、おしめを広げた状態で輪おむつをサッと下に敷くとカーペットや畳を汚しません。おむつ替えシートの代用品になります。洗濯も輪おむつが一枚増えるだけなので気楽です。おしり拭きのかわりにも使っています。

 夫がビールをこぼしちゃったときなど雑巾が手元にないとき、サッと。吸収がいいんですよね輪おむつって(笑)ちなみにおしめは湯洗いをしてから洗濯機に入れるので問題ないです。輪おむつ、洗濯すればするほど、吸収するようになるなーと思います。

 

 

Q.布おむつに興味がある人に向けて一言おねがいします。

 

 紙おむつだと、排泄物は汚ないもの早く棄ててしまうものという意識がどうしてもぬぐえません。ですが、布おしめを使うと、どうしても洗うという作業が必要になってきます。確かに多少は臭いがあるものですが、不思議と『臭い』という匂いではないです。毎日子どもの排泄物を目にすることになるので何より健康状態を気にかけるようになります。意外と手間ではないです。

 『紙おむつを使っているけど、今日だけ布』なんて使い方は出来ませんが、『布おむつを使っているけど今日だけ紙おむつ』はできます。どちらにしようかと迷っているなら布おむつをオススメします。布と紙両方使うのもいいですし。意外とカンタンですよ。

 

 

Q.ありがとうございました!

 

取材日時2013年4月

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です